2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

経済学の勉強は社会で役に立たない

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 15:39
から経済学部は廃止して商学部に一本化しろ

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 16:04
>>1
「役に立たない」の具体的定義を述べなさい。

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 16:28
>>1 は無職。

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 16:29
民間じゃ殆ど役に立たないな。
もともと役人のための学問だし。

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 16:30
金にならないってことだ

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 16:34
>>5 == >>1 と仮定して、
それでは、君はなぜ金にならない2ちゃんねるなどをしているのか?

7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 16:56
>>4
なら役に立ってないな。

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 17:05
社会学とか、文学も役に立たないよ

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 17:29
経済学そのものが、2chみたいなもんだろうが。

10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 17:47
研究者になったり、政府機関に就職したりしなければ、あんまり役に立たないかもな。
直接的な効用って、
金子勝とかリチャードクーみたいなのに騙されないようになることぐらい?

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 18:20
役に立たないと理解できたことが素晴らしく役に立つのではないかw
世間では役に立つと思い続け荒波に翻弄され続ける香具師も多いわけだからな。
様々な人、機関が提供する経済云々にもとづく嘘も見抜けるって事だ。

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 18:33
つまりなんだ。釣った魚を最終的に骨格標本にするのが経済学だな。

13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 18:42
>>12
正直言ってその比喩、意味分からんよ

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 19:06
>8

社会学は商売の役にたつよ。物事の裏をみる訓練になるから。

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 19:07
経済学の学説が正しいと思い込む輩は痛いし、自己弁護で
無駄な苦労をしなければいけないし、性格が曲がってくるし、
その周りの人にも不快を催させるし、いいことなしってのが
この板からの印象。
結局、現実においても使えないような香具師ほど、経済学に
能力がないまま嵌っていき、周りにも迷惑をかけるということ。

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 19:08
あのさ、役に立たないってのは褒めすぎだと思う。
マルクス経済学についてイデオロギー云々は言われてきたが、
理想の社会像が理論によって構築され、その実現を目指すという意味では
近経も同じ。

最近目に付くのは、「経済学の理論上は正しい。しかし現実はそのように
は進んでいない。これは現実が間違っているからであって、現実を経済学の
理論が働くように変えなければならない」という思い上がりを散見する。

有名な「プロクルステスの寝台」の例えそのものを経済学はたどっている。

17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 22:21
デフレに合わせて理論の方を変えていくべきだ。

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 22:45
現実→分析と仮定→理論を構築→検証→現実→・・・

結局学問であるからには
これを繰り返さないといけないわけだ。
理論が構築された当時は正しくても
時代の流れで合致しなくなることもあるわけで・・・。






19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 22:49
まあ、なんだ・・・。
24時間、2ちゃんねるに生息している
院生クズレの「経済学」学が
役に立たないことは間違いない。w

オマイラ、立派な学者になりたかったら
2ちゃんばっかやらずに
インタゲスレに入り浸らないで、きちんと勉強しろよ・・・。




20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 22:49
まあ、なんだ・・・。
24時間、2ちゃんねるに生息している
院生クズレの「経済学」学が
役に立たないことは間違いない。w

オマイラ、立派な学者になりたかったら
2ちゃんばっかやらずに
インタゲスレに入り浸らないで、きちんと勉強しろよ・・・。




21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 23:43
>>17-18
まったくその通りだと思うんだけど、理論原理主義?とでもいうべきか
理論は正しく、現実が間違っているってのまでいっちゃうと、ね。

理論実証主義なんて面倒くさいことこの上ないんで、自分が習得した
理論を絶対視してごり押ししろってのが楽なんだろうね。
これはごりごりのイデオロギーだよね。

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 23:55
でも社会に出て働いているサラリーマンの人たちも
わりと経済学のお勉強がお好きなようで
本屋に行くと経済学のお手軽入門書が結構並んでるよねえ。
ありゃなんなんだ?

23 :非公開@個人情報保護のため :04/02/26 23:58
はったりかますのには有用なんだろうw

24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 00:09
てか、俺は純粋に経済学の入門書読むのが楽しい。
有用かどうかはおいといて。

25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 00:11
>>22
経済学の入門本に見せながら
中身は経営学の話だったりトンデモ知識本だったりすることのほうが多い

26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 00:11
>>22
マジメな話、やはり「わかりたい」と思っているんですよ。本の内容の真偽
は別にしてね。
だから、かつては長谷川や大前も売れていた。今は金子たちに移ったけど。

中高大の教育が悪いのか、本人たちがバカなのかは分かりませんけど。
経済だけでなく、何のジャンルでもそうでしょ? 

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 00:16
まぁ、世の中の仕組みを知りたいと思って知識を集めるが、実際は誰も実態を
把握していないと言うことを知るわけで、それが無知の知という奴かな?

28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 00:18
社会は常に更新されていて、常に流動的であるから、ある時点で全てを把握
したとしても、二年後に全てを把握していられる保証はどこにもない。
そういう世界に生きていると言うことを理解するために経済学をやるのは無謀すぎる。


29 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 00:20
と、悟りを開いてしまった二六歳でした。

30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 00:25
>>27
本屋に置いてある本を読めば読むほど
世の中に飛び交っている情報のいい加減さが実感されるな

31 :>28,29:04/02/27 00:25
26歳にしては悟りが甘いな。

経済がどういう風に流動しているか、それを知っていると知らないのでは
全然違うでしょ?
2年後に全てを把握しているヤシなんかいないって。

全てを理解し身につけることは出来なくても、取り巻く環境や基礎知識を
理解することは大事です。


32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 00:26
以上、完膚無きまでに叩き伏せられ、信用を失ったニューエコノミーの残党の皆さんでした。

33 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 00:52
【経済学】というのは理論であって、現状の実体経済を理解することは難しい。

長谷川慶太郎の本は現状を非常にわかりやすく語ってるので、別に【経済学】の本じゃない。

大事なのは【経済学】じゃなくて、【経済】を理解すること

34 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 01:17
>>21
そうだね、観察や実験から得られた事実を論理的に構築していっているわけだけど現実が
複雑で、どうしても理論が不完全になる、そのため必ずしも理論どおりの結果が得られない。
その際には観察や実験からまた積み上げなおす必要がある。しかも過去の延長上に未来が
あるとは限らないわけで過去の説明でしかない場合もある。

そのうえで将来の説明が求められるし、予想や予測をしてもいるけれど偶然に起こる確率と変
わらなかったりする。それなのに様々なところで使われたり政策にも取り入れられるのは、何か
をするには目標策定が必要だからだ。ここを踏み外すと現実が間違っていると始まってしまう。

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 01:20
サルにはPCどころか金槌のような単純な道具でも
役に立たない無駄な物質だろうな。

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 02:11
松下幸之助は経済学を学んだのか
本田宗一郎は経済学を学んだのか

経済学うんぬんを言う輩は使用人、空想世界の住人である場合が多い

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 02:14
お金をばら撒いたからホンダの技術力が向上して車が売れるようになった。
本気で経済学厨はこう言ってきそうで怖い。

38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 02:18

これは言い方を変えないと。

確かに経済学は「個人的には」役に立たない。しかし、

社会全体にとってみれば、今こそ必要である。小泉を見てると。



39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 02:18
経営学と経済学混同してるアフォがいるね。

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 02:21
>>37
本田宗一郎は経営学を学んでたってか?

41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 02:24
>>39
松下幸之助は経営学を学んでたってか?

42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 02:35
「自分は口先だけの評論家でよい」と割り切っている馬鹿評論家たちにとって、敢えて
不可能な「あるべき論」を唱え続けるというスタンスは極めて賢い選択肢になり得る。

その「あるべき姿」が決して実現しないユートピアであることを熟知した上で、
「俺が唱えるユートピアに至っていないではないか」と批判し続けるという作戦には
「負け」がないからである。

要するに、100点満点が取れない状況を自分勝手に想定した上で、
「100点満点でない限り、お前は0点だ」という論法をとるのである。
これなら、どう転んでも、自分の論理は破綻することがない。

論壇的には最強のポジションをとることができる。
しかし、そういう評論家は、「保身」という観点に立てば限りなく賢いが、
「世の中を改善する」という視点に立てば単なる目障りなクソ野郎でしかない。

そういうインタゲ馬鹿論者たちは、世の中を本当に改善することには興味がなく、
「俺は議論に負けない」という極めて小さく個人的な満足感に浸りたいだけの
無責任な小人なのではある。

43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 02:37
素朴な疑問なのですが

何故、算数の苦手な文系の人が財務省にいるのですか。

計算間違いのしすぎで日本経済無茶苦茶です。

44 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 08:25
>>43
経済学をやっていると気づくかと思うが、経済学の根本は人間観。
数学的道具の前に、どのような人間観に基づいて理論構築ないし政策決定を
するかが大事。

なんだけど、日本って大衆は性悪説、為政者(選良?)は性善説ってのが
頑なに固持されている。

わかりやすく言えば、社会政策について「モラルハザードを招く」など
の理由で反対してみせる経済界そのものが、てめえらで結んだ就職協定
すら守れていない、そえこそモラルハザードを起こしているんだが、
経済学の理論では企業ってのは、モラルに反したことをすればツケが
自分に返ってきて困ることが「わかって」いるので、最初からそんな
ことは「しない」。と理解されている。

市場原理主義者の議論なんだけどね。

45 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :04/02/27 08:39
例えば、不良債権処理の問題で”金融機関をシバいても国民は幸せにならん”
という理論と”失敗したヤツは懺悔しつつ消えていくべき”という理論が
2つ出たときに、どういう判断をすべきなのか?なんてのは、経済学のみでは
判断できんよな。でも逆に経済理論も理解してないと、変な判断をする可能性大
なわけで、とりあえず全般的に出来の良さそうなのが財務省へ...

ということで良いか?>>43

46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 08:56
経済学には戦争と道理が入っていないんでしょ。

47 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 09:03
>>44
>てめえらで結んだ就職協定すら守れていない

就職協定って、もう撤廃されたっけ? いちいちは書かないけど、就活に関する密議、
儀式の数々は、本当に、日本社会のバカバカしいまでの儀礼性を体現しているよね。
(これは、教員・公務員試験にも感じる)
まあ、あの程度はこなせなきゃ、仕事なんかできませんよ。というメッセージだという
社会的解釈なのだろうけれど、やってる当人たちも、意義はわかってないと思う。

>モラルに反したことをすればツケが自分に返ってきて困ることが「わかって」いる

企業が呈する「近頃の学生・新入社員」への苦言は、天にツバしているよね。
「こんなヤツしかいない」と嘆いてみせるけど、「こんなヤツ」ばかりなのは、実社会
にマスとしての学生が適応してみせた結果だと思うんだが・・・。スレ違いスマソ。

48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 09:30
経営者の才能がある人は経営者、経済学者の才能がある人は経済学者をやればいいんだよ。
経済学を全く学んでない経営者が経済政策に口を出すから変なことになる。

49 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 10:05
>>48
んなことない、それは経済の本質に気づかないやつが口出すとということだな。学ぶ学ばないは関係ない、
下手に学ぶと自己強化していき過去に囚われる欠点もあるしな。ようは需要と供給、実需をみれるかだよ。
そして皆が合理的行動をすると非合理になることがある。ある時までは正しいが、ある時からは間違いにな
る、またその逆もあるってことだな。経済学者は景気の予測ができないし市場の予測も出来ないのは明らか、
だが観察を重ね事実を論理的に積み上げて真理を追究していかねばならない、その役目がある。

そもそもが直近の社会問題を解決するよりも、時間をかけ論理の発展に貢献し真理を追究するのが経済学
者だ。経済政策という名を借りて予想をするから、馬券の予想屋みたいな胡散臭いことが増える。そもそもか
らして占い師や市場予報官ではない。


50 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 10:13
>>49
経済政策立案に経済学はいらないって言いたいのか?

51 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 10:42
というか役に立つなら景気がよくなってもいい筈。

52 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :04/02/27 10:43
>>48
経済政策決定者は経済学を理解すべき=経済学者が経済政策を決定すべき
では無いでしょ?

別に経済政策に限らず、統治というもの全体について言えることだが
”理論的に正しい=政策として正しい”では必ずしも無いし、その
議論は多岐に渡る。”正しい”の基準は往々にして変化して行く...
この面倒臭ささを”学問として不純”とか書いてたバカコテをどっかで
見かけたが、そういう”排除の理論”を身に付けて欲しくないなぁ、と
経済学徒の皆様にはお願いしたいもんじゃの。

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 10:48
>>51
イラネ

54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 10:51
>>50
あてにならないけどいるよ、政策には目標と説明が必要だ。
天気予報みたいなものだな、靴を放って裏表になる確立と大差ない。だが天気予報はいるだろ。

55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 11:09
天気予報が当たらないのは、天気が間違っているからです

56 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 11:11
むしろ心理学の方がマシかも。

57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 11:16
>>56
その根拠は?

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 13:15
発展途上だから研究しなきゃならんのだよ。
いま出来ない経済予想をウン十年後にはできるようにする。
それでいいじゃないか。

59 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 13:57
経済学の話を話半分で懐疑的に聞いた上で(というよりも実感の方が先に来る
ことが圧倒的に多いはずだ)、それでも何らかの整合性のある話だったら、
役に立つこともあるかもしれないのだが、
すべてを鵜呑みにして、経済学の原理が成り立っていないからおかしい
とまで考える香具師は、その人物自体役に立たないし、周りにも何も聞いてもらえない。

60 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 14:05
資本の増殖を強める方法と、それによって生じる経済問題って何?
わかる人いる?

61 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 14:06
批判的じゃないやつは何やっても駄目だよ。
松下幸之助や本田宗一郎の言うことは何でも正しいと思ってる奴も駄目駄目だ。

62 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 14:06
>60
○経?

63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 14:30
松下幸之助や本田宗一郎は経済学を学んではなかったが
経済を熟知し経営に成功したと考えてよろしいか。

64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 14:34
経済を知らなくても経営はできる。(w

経済に強い人の助言を求めればよいから

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 14:41
>>63
肝心の需要と供給は実践で身に付けたとは言える。需要を見つけかつ供給できたからこそ成功した。
世の中の需給がみえていたということだね。経済や経営をいくら学ぼう学を積み上げようが需給が見え
なければ机上の空論だからね。

66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 15:17
つまる所、経済学とは科学? それとも占い?

67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 15:26
債権市場も株式市場も整備されていなかった時代や
まだ小規模経営でそのような市場に無関係な場合や
国内だけの調達・販売で輸出入・貿易とも無関係な場合
まだ余裕資金も少なくその運用効率を追求する必要性がなかった時期
経済学はあまり必要ではなかったのかもしれないね。

でも、アメリカのシリコンバレーのベンチャー企業の例では、
初歩的な経済や経営に関する知識が無かったが為に、
優れたアイデアと技術があるにもかかわらず,(初歩的なミスにより)倒産するケースが多発した。
だから、技術畑の創業者はパートナーとして経済・経営系の人を雇い入れるようになった。
(もしくは、技術畑の創業者自身が経済・経営を勉強するようになった。)

68 :AGEデーモン君:04/02/27 15:32
λ λ
( ・∀・) ψ 
ノ(  )ゝ|
 つ つ

69 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 15:37
日本の経済学は日本のシステムにあまり合致していないのが問題なのではないかと。
日本の経済システムの根本部分は明治以前からの伝統なので、そこを経済理論
に反映させていないから大きく食い違ってしまう。
小売りの論理とか国民の消費性向とか、西洋の近代社会的な理論とはまた違ったもの
であるから、それに合致させなければならない。
よくある「経済理論が正しくて現実がそれに合致していない」理論は日本の経済
システムが外国からの輸入品であるから、その輸入品に全体を合わせないと
いけない。輸入品の方が良いことは誰の目にも明らかで、将来性があるのも
やはり西洋理論であるわけで、それに合わせるよう古来の風習をある程度破壊し
再構築しなければならない。

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 15:45
各地域ごとに商習慣や人の営みも違う。
各地域ごとに経済理論もある訳で理論を一元化しようとする発想は幼稚さの表れである。
まずは、相対性理論について学ばれたし。

71 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 16:10
>>69
それはあるね、株式にしてもPERとかその他順ずるものは当初うまく機能しなかった。
それはアメリカの市場で開発されたものでその市場にあっていたからだね。日本は市
場の方を合わせるような形になった。

経済に戻すが日本は日本で独自に成立しているのだから日本固有の理論が形成され
て行く方が自然だよね。輸入だとどうしても市場が違うからモデル自体が違う。

72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 16:12
>>70
まあ文化相対主義が流行だしね。
経済学の理論やっている連中は、マックス=ウェーバーとか柳田國男とか
読むことないんだろうな。
それぞれの文化に基づいた経済行動ってのがありありと描かれているんだけどね。

73 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 17:38
柳田が何で文化相対主義になるの。
その二人の本が君の読んだことのある唯一の本なんじゃないの。

74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 17:45
>>71
自分で日本モデルを立ててみてよ。
日本的一般均衡モデルなり何なりを。

75 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/27 19:31

今の不況は、経済学の教科書どおりなんだが?


つまりこういう時にこういう事やれば発作が起きて患者は死にますと医学の本に出てる
通りの事を小泉はやってるわけだ。

76 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 02:01
>天気予報が当たらないのは、天気が間違っているからです

ワラタ。

量的緩和や公共投資が
従来のような効果がでなくなったってのは
言い尽くされていると思うがなあ。

別に教科書や理論が現実と合致しなくったっていい。
昔は正しくても、時代の流れで陳腐化してしまうのは
仕方のないことだろ。
ケインズの書いた理屈が通じなくなったからといって
彼の業績が否定されるもんでもないし。
現代の学者やエコノミストがやるべきことは
新たな理論を作ったり分析を行って
解決策を見出すことだな。




77 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :04/02/28 11:41
>>75
で、なんでそんな政策が飛び出てきて、しかもそれが支持されちゃったりしたのか?
とか考え始めると、案外おもしろかったりするのだがなぁ...

∴小泉はアホ、で終わっちゃう人がここには多いのよね〜


78 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 11:44
要するに、間違っているものとレッテルを貼ると、
異物として完全にそのことを考えてしまう単細胞な人が多すぎるよな。
DQNが経済学の名を借りて、思考停止するのはいい加減にしてほしいし、
経済学の知識のある奴は素人を洗脳しようとせずに、
度量の広さを身につけるべきだよ。


79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 11:57
>>77

ファッショの一言で終わりますが何か?

80 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :04/02/28 11:58
>>78
まあ洗脳するよりも、とりあえずわかるように説明して欲しい罠。
クルーグマンの一般人向け(?)の本の題名が、俺あたりにも”お、おもしろそ...”と
思わせるようなものになっている理由を考えて欲しいな〜、と思うよ。

81 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :04/02/28 12:03
>>79
”日本は戦前戦後を通じて大衆ファッショであった”と喝破した人がいたが
今回のこともそうかもしれんな。>>75の言う通り集団自殺に向かっていると
したら、第二次大戦と同じ状況なのかもね。

でもこれが大衆ファッショだとしたら、なぜそうなったんだろう?
景気がいいことは万人にとって歓迎すべきことなのに。


82 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 12:08
そこで、小泉、竹中なんかに騙されない程度には経済学は役に立つっていう
このスレの趣旨につながっていくんじゃないの?

83 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 12:14
>>81
万人ではありませんな。
「日本人にとって」ですな。
同じ事は中国やアメリカにも言えるわけで、お互いのエゴの落としどころを間違ったと。
外為特別会計のうち、半分でも内需に向けていたら今頃とっくに景気回復してますな。

84 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :04/02/28 12:25
>>82
まあ経済学を勉強した以外の人も騙されなきゃもっといいと思うし、それ以上に
騙すような政策が出てこないのが一番いいと思うのだが...

>>83
文の主旨から言って、”日本人”と読んでくれてもいいでしょ〜w
最後の一行はそうなのか?中国はともかく、日米双方にとって快適な
状態だったから、あそこまで膨らんだのではないの?>外為特別会計

85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 12:36
>>82
騙される方がいいこともある。


86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 12:40
経済学者に騙されるよりも、構造改革に騙されていた
方がいい人が人生よかったという人もたくさんいるわけでね。


87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 12:51
>>6

じゃお前は2ch習いに学校に行ったようなものだなww

88 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 12:52
経済学者に騙されないためにも経済学は必要ですよという話をしてるのに…

89 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 12:55
>>84
「日本人にとっては」ということが大事なんですよ。
例えば日銀総裁が米国で経済を学んだ人だったとして、
あの国の連邦銀行あたりに色々知り合いがいるとしますな。
で、「このままではアメリカ経済は奈落の底へ向かうので支えてくれ」
と国防を依存している国の連銀の議長あたりに頼まれて、
何にもしないわけにもいかないでしょうな。
で、気が付いたら87兆円くらい日銀券刷ってドル購入、それで米国債購入。
日銀とっては快適でも、国民はたまらんというわけですよ。
日銀法と米国の後ろ盾があったら、総理大臣も財務省も何にも出来ませんな。

・・って、最近読んだ本の請け売りなんですが、
あながち外れてもいないかなと思うわけですよ。

90 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 13:02
>>88
だから、経済学者自体騙されているわけじゃないか。

91 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 13:04
>>1
学問的裏付けが解っていない人が書いたり放送したりしている
マスコミや、自称「識者」の情報に流されることが大変危険だと言うことは、
バブル期を思い起こせば簡単に解ることですわ。
きわめて説得力があるかのように聞こえて、
実際には経済学の常識を無視した有害な提言を行っている
人間が多いことを理解できるだけでも、勉強する意味があるでしょうな。

92 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 13:07
>>90
誰に騙されるの?

93 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 13:13
騙す-騙されないという仮構自体が嘘だということを失念してしまうんだね。
一つの方策で何かを解決できても、事態が必ずしも遍くよくなるわけではない。
だから、経済学者の言うことは百花繚乱だし、それを総合することはできない
ということになるのに、ある側面だけで論敵の間違いを指摘すれば、
それが正しいと信じ込むこと自体、欺瞞だし、結局騙されているわけだよ。
まあ、そういうナイーブな生き物をいかに「使うか」ということが重要だよね。
役に立てばいいわけで、それは経済学の論争の決着とは全く無縁。
で、その経済学の表層を掬っただけの議論も、その議論に簡単に洗脳されて
しまう程度の香具師も役には立たない。


94 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 13:14
90=93ですか?

95 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :04/02/28 13:18
>>89
日米の経済的な相互依存を考えれば、ちと陰謀論に走りすぎているような気もするが。
いや、俺もそのあたりの本を読んでみよう。”相互依存ってどの程度だ?”と聞かれて
ちゃんと答えられる自信はまるで無い...w

96 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 13:19
賭けてもいいけど、ちゃんと体系だって勉強してもいないくせに、
経済学にはまろうとする香具師は運動神経鈍いのが多いだろうね。
視野が狭いし、判断力がないからね。

92=94は特にそうだろう。

97 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 13:23
>>96
たしかに92=94だけど。
90=93なら、90と93で全く言ってることが違うのがなぜなのか説明してほしい。
90ノットイコール93なら、90に92の質問に答えてほしいと思うだけ。

98 :藤本美貴(本物):04/02/28 13:25
経済学が役に立たないという人はよくみるけど、
たいていは経済学を勉強せずに食わず嫌いしているだけ
のことが多い。

そういう人間は、他に客観的な土俵を持っているわけではなくて、
修辞学の世界で論争しようとするから、議論にならない。


99 :藤本美貴(本物):04/02/28 13:28
「人間がわかっていない」「冷淡」「視野が狭い」
「世の中はそうではない」「経験でものを言っていない」
という批判は何度も何度も出てくる。

そしてそういう香具師が、本当に人間を理解して、
視野を広く持ち、世の中をよくする方策を知っているかと言えば、
そんなことがあった試しがない。

自分に都合のいい材料を持ち出して、切り貼りするだけ。

100 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :04/02/28 13:42
>>98-99
>そういう人間は、他に客観的な土俵を持っているわけではなくて
この意味が不明じゃな。”客観的な土俵”とは何だろうか、と思うけど。
ただ、経済学をやってる人達に対する的外れな中傷が多いというのは
同意だな。クルーグマンも”経済学者は発想が常人と違うので嫌われる”
というようなことをどこかで書いていたけど、経済的な事象を理論的に
説明できる人達を遠ざけるのは、どう考えても得策ではない罠。

そういやこの前アメリカのスノーが”俺はマクロ経済のモデルに興味は無い。
景気が回復して雇用が増加するかだけに関心がある。”といったような発言を
してたらしいが、財務長官がこんなこと叫ぶ国なのかあそこは...?

101 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 13:47
役に立つ定義だが、経済学で生計は立てれる人は少ないと思ふ。

102 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:10
現実問題として日本は経済学の教科書そのものの政策をこの10年やってきた。
国債発行してお金を垂れ流し、金融緩和をついにゼロまできてしまった。
まさしく経済学の教科書が示すとおりの政策をやってことごとく失敗している。
しかし経済を勉強してきたバカの言うことと言えば、財政出動が足りないだの
金融緩和が足りないだのと一点張り。経済学通りに世の中が動いていないために
経済学の教科書に洗脳されてしまった香具師は愚かになる。
ここでまともな人は、ゼロ金利でマネーサプライが増えない原因を探ったり
財政出動の限界が来ている実体を調べるのが普通であるが、教科書に犯された
人達は永遠に足りない足りないと主張し、そして原因を探っている人達を糾弾する。
それは教科書的なことではないと。これだから教科書に洗脳された香具師は信用
されない。

103 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:15
>>102
アオカビで覆われたナイーブなケインズもどき理論なぞ
いまどき誰も信用していない。

で、経済学を信用するかはさておき、機会費用の概念
と裁定の概念だけは学部のうちに頭に叩きこんどけ。
どうせ新人研修とOJTで死ぬほど使うからな。

104 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:17
>>103
俺は学生じゃない。社会人だ。

105 :藤本美貴(本物):04/02/28 14:18
>>102
財政政策・金融政策ともに問題があるのは確かだが、
現在の政策が「教科書どおりに」行なわれてきたというのは、
いくらなんでもひどすぎやしないかと思う。


106 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:19
>>105
ほら、教科書に洗脳されてる香具師は必ずこう言う。

107 :藤本美貴(本物):04/02/28 14:21
>>106
君の持っている教科書が何かは知らんが、
少なくともここ10年の経済政策は、教科書どおりに行なわれて
などいない。教科書が正しいか間違っているか以前の問題だ。

だから
「まさしく経済学の教科書が示すとおりの政策」って一体何のこと?


108 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:23
>>102
>現実問題として日本は経済学の教科書そのものの政策をこの10年やってきた。

これがそもそも間違い。
90年代前半、インフレ率、コールレートともにプラスだった時期に
岩田規久男はもっと利下げしろと主張していた。
FRBのPreventing Deflation論文を読むと、
このとき岩田のいうことをきいていたなら、デフレは避けられた可能性があると思う。

2000年の利上げのときもそう。
多くの経済学者が反対し、普段は日銀擁護の姿勢が鮮明な植田和男でさえ反対していたのに、
利上げを強行。利上げが間違っていたかどうか、今では明らかだろう。

109 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:23
>>107
ゼロ金利という異常な金融緩和。
GDPを大きく超えてしまった国の借金。
それでも教科書に犯された馬鹿はちゃんと金融緩和をやってない。
そして財政出動が少ないからなどと永遠に言い続ける。
それをお前が証明したわけだ。

110 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:24
そうそう。
教科書通りにすることができないのは経済学者(少しはまともなレベルのね)
ですら分かっているはず。さらに教科書通りにおいて、それですべての面で
万能な政策であるとは言えない。
要するに教科書通りでないことにおいて文句を言うこと自体、
馬鹿げているし、そのことを後で文句言っても、その経済学が採用されない
こと自体、経済学が説得力を持たないし、有用でないことを証明しているに過ぎない。
トンデモ経済学横行しているのだとしたら、経済学が駄目だということを裏打ち
することでしかないのだし、結局、使えないということだよ。

後で文句を言う時に少し使えるだけの話。そこを誇張しても仕方ないだろう。


111 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:24
>>109
ゼロ金利を日銀が解除したのなら、やはり経済学の責任だろうね。
何も説得力を持たなかったわけだから。

112 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:28
竹中君も立派な経済学者でつ!!
イヂメたら先生に言いつけまつ!!

113 :藤本美貴(本物):04/02/28 14:28
>>109
財政支出を減らせ、金融を引き締めろ、
デフレ不況で財界整理!
と言って、企業倒産と失業者を生み出し、
多くの人を自殺させた連中が正しいわけでもあるまい。


114 :藤本美貴(本物):04/02/28 14:30
>>110
>それですべての面で万能な政策であるとは言えない。

すべての面で万能な政策w


115 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:30
で、それを批判することはできても、その批判の対象は
経済学に帰ってくるんだけどね。


116 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:30
ゼロ金利解除なんて経済学の教科書には載ってないわけですよ。
金利は低ければ低いだけいいんですよ。

今の状況ならいわゆるマイナス金利にしても良いとすら
一部の経済学は答えていますよ。

117 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:31
>>114
すべての意味で無能な経済学という命題の待遇だけどねw

118 :藤本美貴(本物):04/02/28 14:32
「経済学的な政策が、政治的な利害にしばられて行なわれない」
というのなら、そのとおりです。


119 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:33
>>116
でも、結局政策運営に対して経済学は何も語らなかったということだね。
実務的な金利の操作なんて教科書には書いてないだろ。

教習所のテキスト読めば、飛行機の運転ができるというの?



120 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:33
>>117の論理に従うと
万能な人間が存在しないとすると
無能な人間しか存在しないということになるな(wwww

121 :藤本美貴(本物):04/02/28 14:35
>>120
ほんと、頭悪すぎだよね。


122 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:36
>>119
だから利子下げればいいっつってるのに
利子の下げ方がどうとか関係ない話して、
あんたは本当に馬鹿だねえ。
ゼロ金利の話なんて公定歩合の話なんだから、
それを下げるって言えば下がるんだよ。

123 :藤本美貴(本物):04/02/28 14:36
>>119
あなたのロジックはおかしいですね。
必要条件と十分条件からやり直した方が…

124 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:43
>>108
90年代前半にコールレート下げればデフレにならなかったか。
そういうタラレバなんて永遠にわかりゃしないことだ。
しかも操作できるのは短期金利だけ。
不良債権を90年代前半に処理すれば日本もここまでおかしくならなかったかた。
と言ってもこれもタラレバの話。
それにデフレが不況という定義事態がおかしい。
規制に守られて国内コストが外国と比べて激高な日本の物価が下がる
ということは、いわゆる既得権益だった連中が不況になっていると
いうことだ。いずれ是正されなければならないことを歓迎しないのは変な話だ。
2000年の利上げっつっても、むしろ金利上げればインターバンク市場が
活性化するかもしれない。上げるのならもっとやるべきだったろう。
どちらにしろITバブル崩壊は利下げしようがしまいが関係なく崩壊しただろうし。
>>113
でたでた。正義の味方づらしたバカ。なら共産主義運動でもすれば?NGOみたいに。
資本主義は弱肉強食だし、安全弁として日本には自己破産制度もある。
自己破産みたいな甘い制度があるのに自殺するのは、そいつになんらかの原因があるからだ。
自分が死ねば住宅ローンが返済されるみたいな保険だってあるし。

125 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:48
経済学が役に立つとしたらさあ、結局宗教的な意味合いしかないんじゃ
ないかな。
どの失業者だって、自分が無能だからクビになったって認めたくないでしょう。
そういう時に「経済政策が悪い」という後付けの経済学があったら、
経済政策のせいにできるから、失業者にとってはありがたいよね。
まあ、それが癒しになるんだったら、多少の価値はあるんじゃない?
その経済学にはまりすぎて、おかしくなっちゃうリスクもあるけどね。

でも、経済政策の失敗は、結局は経済学が駄目で使えないからというところに原因があるし、
当の失業者にも責任があるんだけどね。


126 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:53
>経済学が駄目で使えない

だからー、経済学的に最善の政策はみんなが言うようにとれて無いんだよね。

経済政策が「経済学的最善策」を取れないのは、政治的なものがあるんだよね。
たとえば、中小全部つぶすのが最善の経済政策だったとしても、
世の中の反対があってなかなかうまくできない。

こういう政治的困難性の克服も経済学の課題だと思うけど、
まあそこまで手が回ってないのが現状かな。

127 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 14:58
>>124
>90年代前半にコールレート下げればデフレにならなかったか。
>そういうタラレバなんて永遠にわかりゃしないことだ。

文句言う前に↓読みなよ。
http://www.federalreserve.gov/pubs/ifdp/2002/729/ifdp729.pdf
本文読めなければ、最後についてるグラフだけでもいいからさ。

128 :藤本美貴(本物):04/02/28 15:16
>>125
そういう面がないとも言えないが、
「なぜ悪いのか?」という議論は経済学のフレームワークでないと、
客観的にできない。
>>124みたいなお馬鹿さんが出てくる。

129 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 15:20
>>127
反論するのなら日本語で頼むよ。外人が言うとすぐ真に受ける洗脳されやすい君。
>>128
結局最後はバカの一言で終わりか。反論できないバカが使う最終手段だ。

130 :藤本美貴(本物):04/02/28 15:21
>>129
とりあえず、仮でいいからハンドルつけてよ。


131 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 15:22
英語読めなくていいから、グラフだけでも見てくださいって言ってるのに。

132 :藤本美貴(本物):04/02/28 15:26
>>124
>規制に守られて国内コストが外国と比べて激高な日本の物価が下がる
>ということは、いわゆる既得権益だった連中が不況になっていると
>いうことだ。いずれ是正されなければならないことを歓迎しないのは変な話だ。
仮に国際的な標準物価があるとしても、為替レートを通じて是正すれば
いいのであって、弊害が多いデフレを歓迎する理由は無い。

>資本主義は弱肉強食だし、安全弁として日本には自己破産制度もある。
市場原理である以上、インフレでもデフレでも、市場で淘汰される人は
出てくる。それが問題なのではなく、「適切な経済環境だったら倒産しない
企業が、デフレ下では倒産してしまう」ことが問題。
また、いわゆる「成長産業への資源配分のシフト」も、デフレ下より
インフレ化で進む。


133 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 15:34
じゃあ平蔵もいらねえな。


134 :124:04/02/28 15:54
>>132
為替レートの是正とはどういう意味だ?
つまりは円安ってことなんだろうが、安易な政策はのちに地獄へ落ちる。
安易な錬金術を使って国債が暴落するリスクを考えないところが面白い。
あるいは資産インフレになったとしても、一時的に麻薬で気持ちよくなったあと
バブルははじけて地獄へ落ちて、バブルが起きなかった時よりもひどい状況になる。
こういう国家破産で起こるインフレはデフレより恐ろしいというのは
他の国ですでに証明済みだ。日本だけが例外だと思うのなら勝手に思ってくれ。
適切な経済環境とはどういうことを言うのか曖昧すぎる。デフレ下でも倒産しない
ゾンビ企業がダンピング行為を行う環境は確かに異常だ。早く倒産させて
不良債権処理をすべきだろう。
「成長産業への資源配分のシフト」も、デフレ下より インフレ化で進む。
ってのもなんら証拠はない。現在デジタル家電が成長産業らしいが、きちんと
デフレ下でも成長産業への資源配分シフトは行われていることを証明している。
高度経済成長していた頃のインフレ時代でさえ世界と戦っている家電業界では
値段が下がるのは当たり前で、それでもどんどん新技術は誕生したし今では
日本主導の技術は多いと聞いている。その間インフレ下で規制に守られていた
内需企業はどんどん既得権が膨らんでいった。なんら目だった新陳代謝らしいことは
起きていなかったのを見れば、成長産業への資源配分のシフトも、デフレ下より
インフレ化で進む。というのはなんら証拠がないということだ。
インフレになれば長期金利が上昇してデフレ下の低金利で生き残っていた企業は淘汰
されるだろう。

135 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 16:18
>>134
>デフレ下でも倒産しない
>ゾンビ企業がダンピング行為を行う環境は確かに異常だ。早く倒産させて
>不良債権処理をすべきだろう。

>インフレになれば長期金利が上昇してデフレ下の低金利で生き残っていた企業は淘汰
>されるだろう。

矛盾してないか? というのか、あなたの論理が正しいなら、インフレにしたほうがいいんじゃないのか?
それと、家電製品の値下げ(=相対価格の変化)と物価水準の変化は分けた考えたほうがいいと思うが。

136 :藤本美貴(本物):04/02/28 16:52
>>134
>安易な政策はのちに地獄へ落ちる。
「金融緩和だけで良くなるはずが無い。もっと痛い目に遭いたい」
と考えるマゾ派の人が存在するのは確かです。

そういう人がキャピタルフライトとか言い出す。
しかし、変動相場制では起こるはずも無い。
ttp://bewaad.com/archives/themebased/reflationfaq.html#q64

「成長産業へのシフト」がデジタル家電の普及で説明できる
なんて聞いたことが無い。普通は「開業率と廃業率」などの
データで説明するもんだが、これもあなたに言わせれば
「教科書信仰」なんですかな。

あなたが言っているのは
「規制に守られない産業は、規制に守られている産業よりも
生産性が高くなる」というだけのことで、
インフレともデフレともまったく関係が無い。

最後の二行も、実態と全くかけ離れている。
企業は「実質金利」で行動する。

137 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 19:26
>>134
そうそう、世の中の確定事項は需要と供給しかない。
そして如何に需給が動くかだ、策ありきと労を施しても実需から乖離するか、いつかは実需に収斂する。
数ある政策は栄養補助食品程度の効能しかない、そこを勘違いし経済そのものを成長させられる栄養素
、主食と思い込むから体力や栄養素が残っているうちは良いが、後に健康トラブルが多発する。

138 :124:04/02/28 21:08
>>135
分けて考えろだ?
それしか言えないのか?
>>136
>「金融緩和だけで良くなるはずが無い。もっと痛い目に遭いたい」
>と考えるマゾ派の人が存在するのは確かです。
痛みはいらないと宗教じみたイデオロギーを言ってる岩田喜久男みたいな男がいるのは事実だ。
そんな宗教イデオロギーに満ちたことをいっているから経済学者は信用されない。
>そういう人がキャピタルフライトとか言い出す。
>しかし、変動相場制では起こるはずも無い。
かつて国民が土地投機に踊ったように為替投機に走る可能性がゼロだとでも言うのかね。
個人が外貨を持つことは自由であるし規制はされていない。だからキャピタルフライトは
起きないなどと言っているのは宗教イデオロギーそのものだ。最悪のリスクを考えないで
いい方にしか解釈できないのでは経済学とやらの限界を感じざるを得ない。
>「成長産業へのシフト」がデジタル家電の普及で説明できる
>なんて聞いたことが無い。普通は「開業率と廃業率」などの
>データで説明するもんだが、これもあなたに言わせれば
>「教科書信仰」なんですかな。
その産業の雇用が増えたり、その産業の設備投資や研究開発が増えるのは無視するってわけだ。
教科書思考の限界を語っているようなものだ。で、デジタル家電は成長産業ではないのか?
>あなたが言っているのは
>「規制に守られない産業は、規制に守られている産業よりも
>生産性が高くなる」というだけのことで、
>インフレともデフレともまったく関係が無い。
生産性が上がればデフレ圧力になるし、生産性の上がらない規制産業は料金が右肩上がりに上がる。
いったいどこが関係ないなどと言えるんだ?
>最後の二行も、実態と全くかけ離れている。
>企業は「実質金利」で行動する。
異常なまでの供給過剰の土建屋ではインフレになっても建設費は上昇せずに長期金利だけ上がり
実質金利は増大する。そして倒産は激増する可能性大。それにしても企業が実質金利で行動する
なんて聞いたことがない。実質金利ならバブルの頃より今の方が低いということもお忘れなく。

139 :藤本美貴(本物):04/02/28 21:27
>>138
自分にはイメージできないことを「宗教イデオロギー」で
片付けようとするのは、視野が狭いと思いませんか?

岩田規久男の提言の、どこが「具体的に」信用できないのでしょうか。

また、井上準之助と高橋是清を比しても、
高橋財政の方が「信用できない」のでしょうか。

140 :藤本美貴(本物):04/02/28 21:29
>>138
いわゆるキャピタルフライトは、単なる資本収支赤字ではなく、
固定為替相場制(=中央銀行が損だとわかっていても
レート維持のため売買に応じてくれる)を前提とした一方的な
資本流出であり、変動為替相場制である円において生じるこ
とはあり得ない。

以上、コピペ。


141 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 21:32
>>138
>>>135
>分けて考えろだ?
>それしか言えないのか?

これだけしかコメントないんですか?
以下135の繰り返しになりますが

-----------------------------------
>>134
>デフレ下でも倒産しない
>ゾンビ企業がダンピング行為を行う環境は確かに異常だ。早く倒産させて
>不良債権処理をすべきだろう。

>インフレになれば長期金利が上昇してデフレ下の低金利で生き残っていた企業は淘汰
>されるだろう。

矛盾してないか? というのか、あなたの論理が正しいなら、インフレにしたほうがいいんじゃないのか?

142 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 21:32
経済学部の教官は各地方自治体の各種審議会に有識者として招聘される
ことが多い。
経済学者とは名ばかりで、経済の生データなど参考資料をもらっても
何もわからないんだが、有識者という体面を維持しなければならない。
必然的に余計なことは何も言わずに、役所の筋書きをめくら判で認めているだけになる。

だってお勤めが終われば、役所持ちで接待してくれるもんね、先生ご苦労様でしたって。

各地で問題になっている各種公共事業だって、こういう経済学者がゴーサインを出しているのが多い。
その意味で下手に政策に関わる位置にいる変な経済学者は社会の癌だろ


143 :藤本美貴(本物):04/02/28 21:36
>>142
それは経済学というより、日本の経済学者、ひいては大学の制度に
問題があると言える。
徒弟制度みたいなもんだから、未だにマルクス経済学がはびこって
しまっている。

144 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 21:38
高橋死亡のあとハイパーインフレになった歴史を知らない岩田って・・・

145 :藤本美貴(本物):04/02/28 21:40
>>144
あなたは高橋是清が何故死んだかを知っていますか?

146 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 21:40
カトリックとプロテスタントみたいなもんか。
俺は経済学より神学の方が役に立たないと思うね。
第何天使がなにとか本気で勉強してるんだからおそろしい。

147 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 21:41
>>145
事実は事実。否定しようがない。

148 :藤本美貴(本物):04/02/28 21:46
>>147
高橋是清は2・26事件で殺されました。
(これは私の誕生日でもあります)

その後は軍部の発言力が増して、歯止めが効かなくなりました。
高橋は「インフレになりそうだから、軍事予算を削ろう」としたから
殺されたのです。
従って、ハイパーインフレは高橋財政の帰結ではなく、
高橋後の軍部の暴走によるものです。
このことは『デフレの経済学』にも書いてありますよ。

149 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 21:51
本物も偽物もなく、経済学自体がトンデモや御用学者を包摂した
経済学であって、したがって経済学自体役に立たない。

150 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 21:51
神学よりは役に立つと言っておこう。

151 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 21:53
どちて?

152 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 21:55
>>148
つまり言い訳か。

153 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 21:57
どちて?

154 :藤本美貴(本物):04/02/28 22:01
>>152
高橋財政の最中にハイパーインフレになったのならともかく、
殺されてから軍部が暴走してるんだから、言い訳も何もないでしょう。


155 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:05
>>148
横槍入れるようで申し訳ないが、最近の日本政治史研究の深化は、
高橋暗殺の理由をそういう謬説めいたものを乗り越えるだけのものを提示している。

大体なんですか? その「デフレの経済学」とやらは?


156 :藤本美貴(本物):04/02/28 22:07
>>155
具体的には何ですかな?


157 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:12
>>144
>高橋死亡のあとハイパーインフレになった

高橋是清暗殺後もインフレ率は15%程度で推移しているので
ハイパーインフレになったといのは間違い

158 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:15
インフレ率15%は十分ハイパーインフレ

159 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:19
>>158
君の場合ハイパーインフレの意味が一般的なものと違うみたいだから
「ハイパーインフレ(=10%以上のインフレ)」みたいに注釈つきで使ってくれるかな。

160 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:24
>>159
一般的なもの=経済学としたら
だったら月50%または年20%以上をハイパーインフレと意見割れ。
15%ならギャロッピングインフレ。
庶民感覚なら15%は大混乱のハイパーインフレ。

161 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:30
>>160
分かりました。

>>144
高橋死亡のあとハイパーインフレ(庶民感覚)になった
ということで。

162 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:36
ハイパーインフレの種を撒き散らした元凶

        高橋是清

163 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:39
>>149
それは予想するからだよ、未来は誰にも分からない、ここを踏まえない香具師が次から次へと湧き
出てくるから電波になる。ノストラダムスの大予言や競馬の予想屋と大差なくなる。

また本来は真理を追究し事実を積み重ねる作業を繰り返す地味なものだ。医学でもそうだが研究と
臨床は別の人物、組織が行う。学問は真理の追究であり理論構築が目的だ。一方それを元に応用し
実践するのはまた別の話だ。薬の世界でさえ理論や動物実験と実際の人体への服用はまるで違う
結果になることはままある。現実は複雑なわけで検証を行うと正しくないということは頻繁に起きる。経
済においてはここら辺が整理されてなく、ごった煮状態だ。しかも理論の実践には技術の差が出るとい
うことも考慮されにくい現状だ。ここら辺を理解せず未来が予知できた気になり安易に語るから偶然に
起こる確率と大差がない事態が頻発する。

だから未だかつて未来を予知した人間、錬金術を見つけた人間がいないのに、さもあたかも簡単に出
きるような話が堂々とまかり通ることになる。

164 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:41
ま、このスレの展開がどうして
「経済学は役に立たない」
と、いわれるかを提示しているといえるな

結局、いい加減な知識でべらべらしゃべる偽者経済学徒が多すぎるってことだな



165 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:44
>>163
応用経済学あたりが確立すればいいんだけどね

166 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:44
それはそうと、>>155の歴史家さんのお話のつづきが聞きたいのですが。

>最近の日本政治史研究の深化は、
>高橋暗殺の理由をそういう謬説めいたものを乗り越えるだけのものを提示している。
↑の参照文献だけでもいいので。

167 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 22:49
>>166
自分で探せ、それくらい。
論文の探し方ぐらい知ってるんだろ。

168 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 23:08
そうですか。それでは岩菊編『昭和恐慌研究』の発売をマターリ待つことにします。

169 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 00:50
キャピタルフライト=資本逃避
奇妙な定義づけしている人いるけれど、これは変動相場でも起こる。

170 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 03:53
投票行動には役立つかも…

171 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 03:55
>>164
> 結局、いい加減な知識でべらべらしゃべる偽者経済学徒が多すぎるってことだな

これは「ちゃんとした経済学の知識は役に立つ」っていってんのか?

172 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 04:20
【人生相談】パンドラの箱 vol.7
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1077551453/

お前ら悩みがあるんだったらここで相談したらイイヨ。
かならずマジレスかえってきます。




173 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 08:43
>>169
「変動相場制でも起こる」というのは、
起こりうる…ということなのか、起こったことがある…ということなのか。
前者とすれば、どういう流れで起こるの?


174 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 10:50
>>173
資本の意味から勉強しなおせば?

175 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 12:30
>>174
答えられないのか。


176 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 12:54
>>171
エセの連中が宣伝するほど役に立つわけではないが
ある特定の経済現象を理解するには十分に役に立つよ

むしろ経済学の過剰な効用性のイメージを植えつけているのはエセの連中

177 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 13:41
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1075026452/
韓国では、障害を持った子供が生まれると海外に捨てる風潮が強いのですが、また悲劇が繰り返されたようです。

昨年暮れ、東京・新宿のJR新宿駅で12~13歳とみられる男の子が保護された。知的障害があるのか言葉が話せず、1カ月以上たっても名前すら分からない。
唯一の手掛かりは、着ていたシャツのタグがハングルで書かれていたこと。韓国語で「椅子に座って」などと話しかけると、時折反応した。
また韓国語の歌に表情が和らぐこともあったという。だが、韓国大使館に問い合わせても「氏名が分からないと調べようがない」という返事だった。
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200302/08/20030208k0000e040011002c.html

昨年、アメリカに捨てられる子供の出身国別の人数で、
韓国が圧倒的なトップであることが発表されました。
2003/08/22付けCNNオンラインより

★参考情報

国内での養子のうち、障害児が占める比率は国内養子では6人(0.4%)だが、
海外養子では846人(37.6%)にもなっており、障害を持つ子どもは国内
では引き取り手がおらず、海外へと「輸出」されている実態が明らかになった。
http://www.asc-net.or.jp/gknj/news/1999-05.html#No.02

178 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 13:42
>>176
同意。
ケインズを過大評価する必要はないが、
これが無意味で時代に合わないとするのは違うような気がする。
また、テレビで好きなこといってる自称経済評論家が、
それに取って代わる自分の理論は持っていないようだ。
少なくとも、鎌倉幕府が何年に成立したかとか、
√3がいくつだったか暗記するより、役に立つのでは。

179 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 16:01
>>89
たった90兆程度でアメリカを支えているなんて言い過ぎだと思うなあ。
アメリカのGDPは円換算で約900兆円なんだから。国家予算は200兆円。
90兆程度なんて吹けば飛んでしまうんですよ。

180 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 16:09
田原とか「日本はアメリカを買い支えている」とか言ってるけどさ。
こないだのテロ対策予算いくらだか解ってんのかねーとか思うね。
1兆ドル。120兆円だよ?テロ対策にぽーんと120兆円。
アメリカっちゃ、こういう事が出来る国だよ。
日本じゃ1兆円計上しても非難轟々だろうよ。
そんな国がアメリカを買い支える?冗談も程々にしてくれよって。(w

181 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 16:10
>>180
頭悪いな。


182 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 16:11
こないだの地下鉄サリン事件でも何も対策しなかったし。
で、野中さんは「空港にマシンガンを持った人が立つと国民が萎縮する」とか
言って何もやらない。
まぁ、こういう事に金を回すと公共事業削らざるをえなくなるんでやめて欲しいんだろうけどね。
東京は故郷じゃないからどうでも良いやってこったな。


183 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 16:14
>>181
田原さんは見識不足ですけどねぇ。

極東情勢と国内しか詳しくないよ。あの人。冷戦構造時代の名残なのかな、
なんかアメリカを神聖視してたり、ロシアや中国や共産圏を異常に警戒してたり、
なんだかなーって感じ。
今の時代に対応できてないっていうか。


184 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 16:23
冷戦後のグローバル経済。共産圏、資本主義圏、関係ない物流。
そういう時代の人間の動きというか方向性が解ってないよ。
物と情報がどんどん流れる時代、共産だ資本だで隔離されない時代。
それなのに未だに中国は凄い武器を隠し持ってるかもしれないとか、ロシアは
とか北朝鮮はとか、もう古いよ。北はまともな海軍力無いからテポドン一発だけ。
まぁ、数発ミサイル飛ばして終わる。ロシアは崩壊前の虚勢に日本はビビってて、
蓋を開けてみたらぜんぜん日本を攻める力なんかなくなってたって。今もアメリカの
援助、日本の金融支援が欲しいなんて言ってきてる。石油パイプライン作りたいとか
言ってさぁ。
そういうことぜんぜん解ってなさそうな感じ。
理屈で解って、まだまだ気持ちは冷戦やってる感じだね。
何か仕掛けてくるんじゃないかとか思ってる。
そんな力ありゃしないのに。
あと、スパイ行動についてちょっと過信しすぎだね。
冷戦時代にスパイについては各国とも極秘にして神秘的な様相さえ漂わせていた
訳だが、蓋を開けてみれば、暗殺、陽動、情報収集、体制転覆、などなど、
汚い仕事ばっかり。未だにやってりゃ、議会でボコボコにされてそうなモンばっか。


185 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 16:26
所詮、今の時代は
北朝鮮はゴミ
ロシアは古びた石油タンク
中国・韓国は奴隷
東南アジアは工場
アメリカは兵隊
EUは偽善者
何だよ。

186 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 18:34
>>183
資本主義なのに資本の力を軽視しているというか気づいてない節があるよね。
それに経済の需給より政治のパワーバランスからの視点で見るときがあるね。
だからどうしても軍事的負い目が先に来る。というか負い目に感じてしまうようだ。

187 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/29 20:22
戦争も資本主義も政治の道具。

188 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/01 13:52
田原は、政策を人間関係で説明しようとする。

あと企業にロマンを持ってる。これは間違いない。
企業トップのインタビューでは、歯の浮いた事しか言わない。
企業の批判はしないが、財界人に政府批判をさせようとしむける。
田原の脳味噌では、
企業&労働者vs政治家・官僚
っぽい。企業業績が上がれば人々の生活もよくなると
本気で信じてるっぽい。

189 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/01 13:57
>>140
現在も、日銀は損を承知で円を買い支えてるんじゃないか?
1$=109円とか105円とかは高すぎないか?

日銀が為替介入でどれだけ損を出したか知りたいな。
データ公表されてる? あるいは推計した人いる?

190 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/01 14:18
損は出していない。
売らない限り売却損は出ないからね。

191 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/01 15:06
>>190
そんな事いったら、世の中評価損なるものがなくなるはずだろ。

192 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/01 18:02
>>180
>120兆円だよ?テロ対策にぽーんと120兆円。

小さな政府とか言いつつ、
実際には、軍需産業その他をいろんな名目で儲けさせるのが、
伝統的な共和党の政策ですからね。

193 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/02 11:07
ゲーム理論的には、今回の鶏騒動やかつての雪印みたいなことは
起きないはうなのですが、実際は大騒ぎになっております。
如何?

194 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/02 11:37
>>193

>ゲーム理論的には、今回の鶏騒動やかつての雪印みたいなことは
>起きないはうなのですが

なぜそう考えるのか、どういうモデルで考えているのか
それを書かないことにはコメントのしようがない。


195 :愚民 ◆1wiJPA/Dp6 :04/03/02 11:43
>>190
元拓銀マンか?

>>193
ほんとかよ...俺も説明きぼんしとくよ。


196 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/03 01:19
ていうか、韓国は変動相場だったけどキャピタルフライト起きたよね。
たぶん、経済学を熱心にお勉強してよく習得した方にとっては、
「変動相場制のもとでは経済学的にキャピタルフライトはありえない、
 だから韓国でキャピタルフライトが起きたことはない」んでしょうね。
経済学ばっかり勉強してると現実の経済わからなくなるぞ。

197 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/03 01:36
韓国は通貨危機をうけてドルペッグから変動相場制に移行した。

資料
http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis090/e_dis082.html

198 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/03 02:55
ドル/ウォンレート(1$)
1997.08 902
1997.09 914
1997.10 965
1997.11 1130
1997.12 1700
1998.01 1600
(韓国銀行WWWより)
通貨危機の発生前に1$=902ウォンから1$=1130ウォンまで変化してるんですが、これでもペッグ制というの?
韓国政府が介入しないでウォンが暴落するのに任せておけばキャピタルフライトは発生しなかったというのか...
キャピタルフライトを避けようと思ったら通貨暴落を受け容れなければならない、ということだね。

199 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/03 10:25
>>198
そりゃそうだろ。


200 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/03 10:28
通貨危機が起きる前からずっと変動相場だったら
>韓国は変動相場だったけどキャピタルフライト起きたよね
といえると思うんだが、通貨危機が起きるまでは
ドルペッグだったんだよ。


以下http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis090/e_dis082.htmlより

一方、韓国に関しては、通貨ウォンへの投機圧力が顕在化したのは、1997 年11 月であり、
上述のアセアン諸国よりは3,4ヶ月遅れた危機の発生であった。しかし、韓国も、アセ
アン諸国と同様に「通貨危機」に見舞われたという点では共通の特徴を持つ。通貨投機に
対して、韓国政府は、97 年11 月19 日にウォンの対米ドル変動幅を拡大したがウォン売り
圧力は収まらず、12 月にはIMFへ支援を要請する一方、12 月16 日には変動為替相場制
へと移行することとなった。その結果、韓国ウォンは、タイ・バーツやマレーシア・リン
ギと同様、その通貨価値が危機以前の半分へと暴落した。ウォンが比較的安定を取り戻し
たのは、1998 年に入ってからである。韓国のウォンも、タイ・バーツやマレーシア・リン
ギなどと同様に、98 年1月末頃からおおむね安定するようになったといえる。

201 :森永卓郎(本人):04/03/04 14:28
どこの国も98 年1月末頃からおおむね安定しているね。(w
以前の激変より。

202 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 10:46
というか経済学にカオスはどう反映されているのですか?
計測する人間や反映させる条件によって数値が変わってくるなら
経済学は役に立たないのではないですか?供給過剰な今の世の中
マクロ経済学なんて役に立つのですか?

203 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :04/03/05 10:55
天気予報が100%の確率で当たらないからといって、気象学がムダという
ことにはならんな〜。

経済学も、モデルの現実への妥当性の程度を意識しつつ使えば強力な
思考ツールになると思うな〜。

204 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 11:16
主流派で複雑系って言ってるのはこの人か。
http://www.iic.tuis.ac.jp/edoc/journal/ron/r2-3-3/

205 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 11:30
心理学の方が余程役に立つのでは。

206 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 11:32
どちて?

207 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 11:58
ごった煮にされやすいが経済学とは別物は多いわな、経済学は真理の追究だ。だから応用しても予測は
するが予想はしない。そもそもからして何かを当てるのが目的ではない。

世間で触れやすいのは将来を知りたいという需要があるから提供されるだけで予想ビジネスだな。事の真
偽はそれほど重要ではなく需要があるから供給される、それだけだ。人間将来に興味ある人は多い、予知
はないと理解しているのに求める人も多い。予知では胡散臭すぎる、占いと変わらない、そこにデータを付
け学問風に解説すればもっともらしくなるって話だ。だから偶然起こる確率と変わらなくても支持が得られ
やすい。

マスコミで流すのなんて経済予報とでもすれば今よりは明確になることなんだけどな。お天気おねいさん
の代わりに経済親父が語っているだけだ。


208 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 12:10
スルメを見てイカが解るか。
          −養老孟司−

209 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 13:47
需要が今なくとも供給される場合がある。(w

210 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 14:35
>>207
経済学が真理の追究だって?
インタゲ派同士のやりとりを見ているとそうは思えないな。
精緻な理論体系を作ることに熱心だが、実際の現象との整合性が後回しになる印象を受ける。
天気予報よりも、「星占い」に近いんじゃないないかな。

まったく、嘘臭い学問だな。

211 :藤本美貴(本物):04/03/05 17:23
>>210
それはあなたがインフレターゲットをきちんと理解していないだけ。
ttp://bewaad.com/archives/themebased/reflationfaq.html
これでも読んで、疑問点を解消しましょう。


212 :210:04/03/05 17:31
>>211
ありがとう。
いつも思うが君は本当に親切だね。

213 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 17:48
そうだ、鹿の骨を焼いて割れ目で経済を占おう。

214 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 20:17
>>210
逆だよ。

215 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 20:41
>>214
やっぱり、天気予報の方が近いの?

216 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 23:56
単なるオカルト

217 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 23:57
>>215
そのとおり、雨乞いに相当するのが日銀総裁のコミット。
やはり、学問の類ではないな。

218 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/06 00:05
捨象された要素こそ本質

219 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/06 00:25
>>210
>実際の現象との整合性が後回しになる印象を受ける
人間は予知できない当然のことだ。

経済学は計量的手法を用いての蓄積をしている。基本的には過去から現在に起こった事象に
対する探求だよ。そしてそこから求められる模範解答が将来に対する確率を示す。地道にこれ
を繰り返し確立の精度を上げていく作業だ。一方人間の行動は「でたらめ」なため模範解答と必
ずしも一致するとは限らない。また経済学は一致すべきと指し示すものでもない。将来に関して
提示できるものは予測でしかない。予想をするものは電波とでも受け取っておけ。

加えて問題は多くの人が経済学を未来予想だと思っていることだな。ここで求めているのは将
来のことであり人間行動に対する興味、そして人間の持つでたらめさ、曖昧さへの理解、ようは
求めているのは心理学だ。それを経済の視点からのみ欲しいという欲求が経済学への関わりを
間違え、心理学を欲しているのに経済学に求めてしまうという迷宮に囚われる。幸い両分野に跨
り消化する動きはあるから溝は徐々に埋められて行く方向性だ。

220 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/06 01:00
>>219
>加えて問題は多くの人が経済学を未来予想だと思っていることだな。

いや、多くの人が経済学に求めているのは、医者としての役割じゃないかな。
不況に対して治療方法や予防方法の提示が求められているんだと思う。
しかし、今のところ町医者や民間療法ばかりで確立されていないんだろうな。

221 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/06 02:16
天気予報が当たらないのは天気が間違ってるからだ!

の人たちワラワラいますね。

222 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/06 02:42
「一般理論」にあるケインズの経済学論に1票!
できあいの治療法なんて無いと思うね。
ある意味で、対症療法がすべて。

223 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/06 07:10
規範経済学は一定の尺度を与えているのでは?

224 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/06 12:10
>できあいの治療法なんて無いと思うね。
>ある意味で、対症療法がすべて。

人はみんな近視眼的でバカということですかそうですか

225 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/06 12:45
>>221
そうなんだけど確率についての認識も薄い。世の中は確立現象の積み重ね。不確実性がある為に結果
を一つに絞り込めないことは山ほどある。個人でもこの選択は無意識であろうが繰り返している。

そのうえで、天気予報は過去に起こった事象の客観確立と知らない人は多い。過去はこうでしたとデータ
を提示されているだけだ。未来を予知しているわけではない。だから想像以上に精度は高い。だがある期
間内に一度起こる確率なので、ずっと室外にいれば予報の確立で雨にあう可能性があるが、室内にいる
時間が長ければれば雨にあう確立は予報よりも下がる。

まあ、降水確率60%と提示されれば、60%の時はこうだったと自分の経験を元に主観確立で行動をするわ
けやけどね。こういうことが積み重なると「当たる」もしくは「当たらない」、「そこそこだね」となる。

226 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/07 12:19
逆さにしても社会の役に立たない奴が経済学やっているわけでしょ。

227 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/07 12:37
>>224
>人はみんな近視眼的でバカということですかそうですか

少なくとも、円安介入はそのとおりだろうな。
まさに対症療法。

228 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/07 14:06
>>226
落ちこぼれがいく学部だもん。最近では文学部より偏差値が低い。

229 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/07 14:26
違うよ。みんな数学が嫌いだからさ。(w

230 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/07 17:52
>>229
甘いな。経済が嫌いな奴、関心がない奴が集うのが経済学部。
学生も教員も。

231 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/07 18:32
じゃあ、経済が好きな奴は何処に行くんだ?

232 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/07 22:20
理学部数学科か工学部社会工学科じゃないの?

233 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 10:23
かつての経済学部が包容していた経済と社会問題との関連という視野の広さ。
ああいうものは今、経済学部から軒並み追放されたけど、法学政治学社会学など
に継承されてホットイッシューとなっているね。
それに引き替え経済学部は数学原理主義の極みにはまっていくばかり。

生産や流通の実態も知らずに、統計数字だけをみて勝手気ままに経済計画を
策定していた旧社会主義国の姿を見ているようだよ、今の経済学部は。

234 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 10:47
為替やるのが一番経済の勉強になるな。
社会情勢不安、金融政策、経済指標、貿易収支、経常収支、要人発言、株式、債券市場の影響が
どのようにお金が流れていくか。生きた経済を学ぶには最高かと。

235 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 11:17
>>233
まあ、マルクス主義も経済理論だからな。

236 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 11:23
>>234
それは金融の世界に関しての経済だね。
人間の身の回りに対してのという意味でもっと幅広いものであったわけでもあるんだが・・・
集団社会とかね・・・

237 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 14:18
数学もまた言葉でごじゃる。
英語も日本語もまた言葉でごじゃる。
学術分野での現時点での世界公用語は英語でごじゃる。(猿

238 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 08:49
>>236
そもそも大学と言うところでは,
将来役立つか役立たないかが分からないことを研究しているんであって,
すでに役立つことが周知されている事柄を研究するのは民業圧迫につながるね.

大学の先生たちが経済評論家の職を奪う...給料の二重取りさwww

239 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 12:12
経済というのを数学的な周期規則性と人間心理による変動とに分けると
人間心理による変動のほうが影響が大きいような気がする。
とくにITによって万人がマネーゲームに参加できるようになった
昨今では。

240 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 12:45
もうちっとカオスが必要。

241 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 21:44
>>237
”おじゃる”だの”小猿”だの”コギャル”だの,ややこしいニャー
>>239
経済が人間心理に与える影響の方が大きいのでは?
だってさ,”職足りて礼節を知る”って言うじゃん.

242 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 18:20
嗅ぐ師でおじゃる。クン・クン・クン・クン・・・・・・・。

これからは癒し系よりキモイ系の時代

243 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 20:52
昔岩田さんの講義とってたが
初回の講義で「経済学は机上の空論、だからこそ実験してみたい」
と言ってたような気がする。

244 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 21:03
こういうこと言うヤシに限って、
学部時代に勉強してないリーマンだろw

245 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 23:01
>>244
その方が世間ではずっとまともなんだが・・・。
院で勉強して崩れて2chでぶつくさ言っているよかね。

246 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 23:03
株には役に立つよ。

247 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 23:11
リーマンってなんでつか?

248 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/11 16:13
リーマン積分に決まってんだろ。

249 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/11 22:25
Every Riemannian metric on M is complete, because M is compact.

250 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 11:24
スティグリッツの教科書を原著で読んで見ろ。
よく書けていて、経済学は無用だとは思えなくなる。
日本の経済学者は、ほとんど無用だろうけどな。

251 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 13:12
経済学を学ぼうとするものが
最初に学ばなければならないのは
「どうなっている」=理論と
「どうすべき」=政策・倫理
は別物だ、ということだと思う。
両者をいっしょくたにするために生じる混乱を散見する。
すなわち前者を後者の口実にしたり
後者のために前者を無視する場合などである。
みすごされがちなことだが、心すべきだろう。


252 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 13:15
>>250
こういう経済学徒っているんだね。
社会の負け組って認識持った方がよいよ。

253 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 13:49
つーか経済学やってないで、どうやって土地買ったり株買ったりする
時期を見計らうんだ?有る程度経済学が示す基準知って無いとうごけねぇよ。

254 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 14:50
>>253
経済って言うときに、投機のことしか念頭にない時点で終了。


255 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 14:54
わしゃあ、土地買うたり、株買うたりするけんど
経済学なんぞ勉強したことないがね。

256 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 15:01
ケインズなんて貧乏経済学やめちまえ。

257 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 16:25
理論が当たった試しなし。

258 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 20:01
>>251
診断と処方は違うということだね。

経済を学ぶと当たり前のことが当たり前でなくなる人がでてくるのは不思議。
世の中に錬金術はない、これさえ見失う人がでてくる。欲なんでしょうかね、人間は複雑だw

259 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 20:58
理論が当たっらなかったということは、現実の中に何か原因があったのだろうね。それを探してみれば?

理論はあくまで”ものさしに基準”(ニュメレール)みたいなモノなんだから。

260 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 22:27
経済学を勉強するということは、物語を作る作り方をしるということなんだね。良い物語を
たくさんよむと、いい童話書きになれる。ついでに童話書きが現実の政策に携わってみたら
どうなるだろう?きっとうまくいくはず。童話の中ではうまく行っていたのだから。

261 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 22:32
グリム童話には残酷な話が多いニャ

262 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 01:31
>>260

だから、えてして「現実が間違っている」って言い出す輩しか輩出しないんだってば。

263 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 09:38
>>259

経済学の理論やっている連中は、現実なんて見るのも億劫がる輩しかいないだろ。
調査はおろか、分散している各種統計を集めるのさえも面倒がる。

要は始終座りっぱなしであれやこれや妄想だけしてる安楽椅子学者だろ。

264 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 09:44
計量分析と計量経済学を混同してる人が多いのでは?

265 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 09:50
>>263
フィールド・ワークの方がもっと大変

266 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 13:14
この板ではよく見かけるけど、「理論と現実が合わないときは現実が間違
ってる」なんていう奴は本当にいるのか?そんな奴はバカにされても当然
だと思うが、殆ど存在しないような集団を「経済学者」として罵っても意
味ないと思う。

池田信夫なんかは、野口旭の議論の仕方(「こんなのは教科書にのってい
る」とかってやつ)の言葉尻をとらえて、「こいつらは教科書しか信じな
い教科書至上主義者だ!」なんて言ってるけど、これは池田が野口を不当
に貶めているだけ。(勿論野口のやり方にも問題はあるけど。)こういう
のの尻馬に乗って経済学批判しても、あまり有意義じゃないよ。

267 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 14:56
計量分析には出来合いのソフトがあれば十分では?

268 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 21:00
計量は計量カップさえあれば十分でっしゅ。ちなみにワタスはFカップ。

269 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 21:01
日商簿記1級>>経済学検定1級
∴慶應義塾大商学部≧慶應義塾大経済学部であるべき

270 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/15 22:46
経済を勉強することと,経済学を勉強することとは異なるのでつか?

271 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/20 14:29
チラン

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)